SDK組み込み時のアプリパフォーマンスへの影響はどれくらいですか?

SmartBeatを組み込んだ際のリソース消費量に関する変化は下記の表をご参照ください。

■iOS

・メモリ消費量 

設定 消費タイミング 増加量

クラッシュ検知のみ

常時

〜1MB

画面キャプチャON

1秒毎 〜2MB

OpenGL画面キャプチャON

常時

〜1MB

1秒毎

〜5MB

Unity画面キャプチャON

エラー発生時

〜6MB

 

・CPU消費量

設定 消費タイミング 増加量

クラッシュ検知のみ

常時

増加なし

画面キャプチャON

1秒毎 〜6%

OpenGL画面キャプチャON

常時

〜22%

Unity画面キャプチャON

エラー発生時

〜35%

 

■Android

・メモリ消費量

設定 消費タイミング 増加量

クラッシュ検知のみ

常時

〜2MB

画面キャプチャON

常時 〜6MB

OpenGL画面キャプチャON

常時

〜8MB

Unity画面キャプチャON

エラー発生時

〜10MB

 

・CPU消費量

設定 消費タイミング 増加量

クラッシュ検知のみ

常時

増加なし

画面キャプチャON

1秒毎 〜12%

OpenGL画面キャプチャON

常時

〜5%

Unity画面キャプチャON

エラー発生時

〜22%

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk