[Xcode10以降] dSYM自動アップロードを利用される場合は、BuildのPost-actionsで実行ください。

登録方法

1. dsym_upload.shのプロジェクトへのコピー

SmartBeatを導入したiOSのプロジェクト配下の任意のフォルダにdsym_upload.shをそのままコピーしてください


(以降は、/<project_root>/scripts/dsym_upload.shにファイルをコピーした前提で記述します)

 

2.XcodeのPost-Actionsの編集

xcode_edit_scheme.png

  1. Xcodeの上部メニュー(上画像参照)のターゲット名をクリックし、「Manage Schemes...」から対象のターゲットのschemeの編集を開く
  2. 「Build」下の「Post-actions」を選択後、「+」をクリック、「New Run Script Action」を選択し、スクリプト編集画面を開く
  3. Xcodeで対象のターゲットを選択する。
  4. 「Run Script」が現れるので、「Provide build settings from」の項目で対象のターゲットを選択
  5. 「Type a script or drag a script file from your workspace to insert its path」と記述されている欄に以下のように記述します

 

APIキーとAPI TokenはSmartBeatのコンソールから取得した値に変更してください。

SMARTBEAT_API_KEY="APIキー"
SMARTBEAT_API_TOKEN="API Token"

source "${SRCROOT}/scripts/dsym_upload.sh"

xcode_post_actions.png

以上で、自動でdSYMがアップロードされます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk