Unity SDKの設定にある「SIGSEGV detection」とはなんですか?

Unity SDKにおいてのみ、SIGSEGV検出のオン/オフが可能です。

この設定をオンにすると、SIGSEGVのエラーを取得できるようになります。

 

なお、通常の場合、UnityのNullReferenceExceptionを要因とするSIGSEGVはUnity 内部で処理され、アプリの処理を継続可能となっております。

そのため、本設定をオンすると、SmartBeat 側の処理をしたあとにOS 側にエラーの処理が渡り、アプリが強制終了させられてしまいますのでご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk